やりたいこと1000個書き出す。


絶対ブレない「軸」のつくり方。
こちらの本も書評Blogで評価が高かったので読んでみました。

ポジティブは考え方と行動を移すことについて、筆者の経験に元に述べています。
いくつか気になったポイントがあったのでメモ。

やりたいことを1000個書き出す。

これ、やってみたのですが、なかなか1000個書くのは難しいです。
寿司が食べたいとか小さなやりたいことまで書いても1000個もいきませんでした(笑)
でも書き出していくと、自分のやりたいことの方向性がざっくりと分かる感じもありました。

自分の強みを知るために、自分のことをよく知る10人に、自分のいいところについて聞いてみよう。

・・・まだ聞いてないです。恥ずかしい。

自分に「必然性」を課して、やらざるを得ない状況をつくってみよう

筆者は運動不足解消のために、トライアスロンのレース出場という予定を予め決めてしまいそれにあわせて運動をはじめたそうです。

自分の中だけの決まりごとの場合、なんだかんだ言ってサボってしまうこともあるのですが、先に予定や仲間との約束を設定してしまうことで、やらざるを得ない状況になることってありますよね。

この方法結構有効なので、僕も取り入れてみようと思います。
この書籍とにかく熱いです。メンタルにパワーがあるときに読むとさらにいいかも。

カテゴリー: BOOK パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です